「百合」って何だろう? 端的に言えば、女の子同士のすこし特別な関係性――恋愛感情に限らず、友情や愛情、敬愛、嫉妬といった強い感情がともなえば百合だと個人的には思っていますが、それは人によって違うでしょう。なぜかというと、彼女たちを観測し、百合だと思うのは“あなた”自身だから。誰にも後ろ指をさされない自分だけの聖域……そんな、それぞれの思う百合を表現した作品を集めたのが、こちらの百合展です。

百合は今、薄氷の上に立っていると思います。相つぐ百合漫画のアニメ化、一般文芸誌での百合特集、出版界的には堂々と百合と銘打てるようになりました。本イベントで紹介している作品以外にも魅力的な百合作品は今なお増え続け、バリエーションも豊か。界隈の外からも「百合が来ている」と注目され、今とても百合がアツい。それでも危機を感じるのは、何事も盤石ではないからです。ブームはいつか去るし、他にも様々なアクシデントが起こり得る。百合展2018東京会場は、場所変更というアクシデントを乗り越えての開催となります。それは、「百合」が自粛させられたのではありませんでした。しかし全くの対岸の火事ではありません。都条例も違法アップロードサイトも見過ごせない。他人事だとのんきに構えていたら、すぐ足元をすくわれ、百合にとって冷たい時代に逆戻りです。百合を諦めない――その熱は、絶やさずにいたいです。

今、百合に必要なのは、ひとりひとりの「好きだ」という声だと思います。もちろん、他人の目が気になる社会において、好きなものを好きだと言うのは未だ容易ではありません。ですが、我々の好きなものは果たして恥ずべきものでしょうか? 恥ずかしいという気持ちで押し込めておけるほどの「好き」でしょうか? 自分の心にまっすぐに、「大好きだ」と叫んだ時、きっと世界は変わります。きっと、自分自身も。

百合展は、その一歩だと思います。あえて現実社会のど真ん中で開催し続けている本イベントは、今年で3度目。協力して下さる作家様も、開催地も増えました。それを支えるのは、やはり、足を運んで下さる皆さまの存在。今、これを読んでいる方の中には様々な都合をつけてやっと来られた方もいると思います。もしかしたら、ちょっぴり気恥ずかしさを抱えている方もいるかもしれません。大丈夫です。みんな同志です。粛々と、たしなみを持って、ゆっくりご覧いただければ幸いです。百合愛を深めたり、初めての百合に出会ったり、百合とは何かと見つめ直したり。どうか素敵な出会いが皆さまにも訪れますように。開催、心からおめでとうございます。

綾奈 ゆにこ
脚本家/『ちいさい百合みぃつけた』(KADOKAWA刊)著

 

「百合展2018」開催決定

 

女性同士の友情や愛情を意味する「百合」をテーマとしたヴィレッジヴァンガード主催のフェア「百合展」が今年も開催されます。今年は2016年の第1回から数えて3回目の開催となります。写真やイラストといった表現方法にとらわれず、百合の魅力を多くの方にお伝えすることを目的に開催して参りました百合展ですが、年々多くの方にご注目頂けるようになりイベントの来場者数が1万人を越える大規模イベントに成長することができました。

今年も例年通り「百合」をテーマにした作品を手がけた漫画家や写真家が数多く参加し書籍やコラボグッズを販売いたします。そして昨年よりも更に規模を拡大し、参加作家数が増えるだけでなく複製原画や写真作品の展示イベントもこれまでの東京・大阪に加え、福岡でも開催することになりました。

「百合」の魅力を詰め込んだ「百合展2018」を今年もどうぞお楽しみください。

 

百合展紹介漫画

未幡先生による描き下ろし漫画「百合展のコラボはお仕事です!」

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

Village Vanguardオンラインストアにて公式グッズなど販売中

 

Village Vanguardオンラインストア特設ページはコチラ

 

メインビジュアルは缶乃×長谷川圭佑コラボレーション作品

業界を横断するフェア「百合展」を象徴するメインビジュアルは「あの娘にキスと白百合を」の漫画家・缶乃先生と「少女寫集」の写真家・長谷川圭佑先生による描きおろし&撮り下ろし作品となります。